木造の賃貸物件

家賃が安く通気性に富んだ物件が多い

木造物件は建材の性質上、通気性に富んでいることが多いので湿気が籠りにくく、カビも発生しにくいメリットがあります。日本は湿度が高い地域が多く、屋内に湿気が籠る物件も珍しくありません。木造物件であれば風通しがよいので湿気によるトラブルで困ることはほとんどありません。また、木造物件は同じ間取りや築年数でも鉄骨作りの物件より家賃が安価に設定されているケースが多数です。これは木造物件の耐震性や遮熱性が鉄骨造りの物件と比べるとやや低いことに由来しています。建物の強度を考慮した結果が家賃の金額に反映されていると言えるでしょう。一方で家賃の金額が必ずしも物件の耐久性や居住性に比例しているわけではないので、入居の際は事前の下見が必須です。

木造物件ならではの注意点について

木造物件は通気性に富んでいるのが特徴ですが、見方を変えると保温性が低いとも言えます。外気温の影響も受けやすいことから、夏は暑く冬は寒い物件が少なくありません。冷暖房機器の効果も低くなることから、物件選びは慎重に行う必要があります。また、木造物件は遮音性もやや低いことから生活音が屋外に漏れやすい傾向にあります。特にアパートなどの集合住宅では隣接する世帯からの生活音がトラブルに発展するケースがあります。耐久性も鉄骨造りの物件より低い他、経年劣化による傷みも鉄骨より大きい傾向にあります。築年数が長い物件は耐久性を重視して選ぶことが重要になります。情報収集を入念に行い、複数の物件を比較するのが木造物件を快適に利用するコツです。