1Rから1LDKの賃貸物件

単身者向けの賃貸物件、選ぶならどの間取り?

住居の間取りは、数字とアルファベットを組み合わせた特有の記号で表します。よく見かける表記ですが、明確な違いが分からず、戸惑った人もいるでしょう。表記の具体的な意味ですが、Kはキッチン、DKはダイニングキッチン、Lはリビングの略称です。またそれらのアルファベットの前に付く、1とか3の数字は、居室の数を表しています。 例えば1Kであれば、居室1つにキッチンの付いた部屋ですね。他にも1Rと表記される物件がありますが、これはワンルーム物件になります。居室1つの物件としては他に1LDKもありますが、リビング付きなら夫婦や幼いお子さんのいる家庭でも十分な広さです。金銭的に余裕があるなら別ですが、単身者が借りるなら、1Rから1DKの部屋が現実的でしょう。

1R、1K、1DKの賃貸物件、それぞれの特徴

1Rは「K」の表記こそありませんが、ミニキッチンやバス、トイレ、洗面台が備わっているのが普通です。キッチンと居室の間に仕切りがないのが特徴で、開放感があって、面積の割には広く感じられます。調理の際、匂いや煙が居室に流れ込むのがデメリットですが、家賃の手頃な物件が多いのが魅力でしょう。

1Kは居室とキッチンが、それぞれ独立している間取りです。仕切りがある分、狭く感じられますが、それだけに冷暖房の効率が良いのがメリットと言えます。部屋の面積は1Rとあまり変わりませんが、1Kの方が設備の整った物件が多いようです。1DKは、より広い間取りのため、大きめの家具も配置しやすく、荷物の多い単身者には好都合でしょう。その分、1Rや1Kより家賃が高くつく傾向にあります。自分の懐具合や生活スタイルを考え、最適な間取りを選んで下さい。