2LDKから3LDKの賃貸物件

ファミリー向けの賃貸物件

普通単身者向けの賃貸住宅では、1Kや1ルームなどが多いのが特徴です。広くても1LDKといったところでしょう。ですが中には2LDKや3LDKといった物件もあります。これはファミリー向けの物件で多く見られます。1kなどの単身者用は家賃相場は高くても7万円から8万円台ですが、ファミリータイプでは10万円台以上するようなところが多いのが特徴です。しかし築年数の経過した物件であったり、駅から遠いような場合には10万円を切る家賃で住めるファミリー向け物件も存在しています。他にも築古の物件であれば立地が良くても、安く借りることが出来るようなところもあります。ただし洗濯機置き場が屋外だったり、ユニットバスなどの場合が多いのも事実です。

2DKや3DKの物件を探してみよう

他にもファミリータイプながら、安く借りることが出来る物件があります。現代では「2LDK」や「3LDK」の間取りが多いですが、一昔前は「2DK」や「3DK」という間取りが多く作られました。その多くは昭和の末期から平成にかけて作られた物件です。そのような間取りの物件は比較的安く借りることが出来るのです。間取りは時代とともに変化していきます。ユニットバスなども現代ではあまり人気がありません。それと同じで2DKや3DKなども比較的人気が劣るので安く借りる事が可能です。もし、ファミリータイプの物件を安く借りたいのであれば、このような昭和から平成の初期に建てられた、古い間取りの物件を集中的に探してみましょう。意外と簡単に見つかるかもしれません。